債務整理の種類 | 過払い金は払わなくてもいい!債務整理で苦痛から解放されよう

過払い金は払わなくてもいい!債務整理で苦痛から解放されよう

債務整理の種類

現金を手にして喜ぶ女性

債務整理、と一言に言っても、その種類はさまざまあります。
どういうかたちで借金を整理したいと思っているのかによって利用する方法は異なってくるので、難しいと思った場合にはとりあえず「借金を整理したいのだがどうすればいいか」ということを事務所で相談してみるといいでしょう。
債務整理の手続としては、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4つです。

任意整理というのは、債務者の代わりに専門家が利息や遅延損害金をなくしてもらうよう、または返済額を減らしてもらうなど、債務者が無理なく返済できるように交渉することです。
債務者本人が交渉してもほとんどの場合が断られてしまうので、こういったことは専門家の力を借りるのが一番です。

特定調停は、簡易裁判所に申し立てをし、返済額を減らしてもらうようにすることです。
裁判所が絡んでいることなので、ほとんどの債権者が応じてくれます。
調停が長引く可能性もあるので、長いスパンで考えておいたほうがいいでしょう。

個人再生は、自己破産をすることは出来ない人が最終手段として利用する手続きといえます。
これには非常に長い年月がかかるので、やや難しい方法でもあります。

そして、債務整理の最終手段といえるのが自己破産です。
自己破産は、裁判所で財産がないからもう返すことができないということで、借金を全額免除してもらう方法です。
預金はもちろんのこと、家も車も財産になりうるものは全て手放す必要がありますが、最低限の生活費はきちんと確保しておくことは出来ます。

今の自分の置かれている状況はどこにあるのか、そしてどういう債務整理をするのかを専門家とじっくり相談して決めましょう。